塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

合宿で学んだ事。 中学2年生 菅野 陸

僕は今回優心塾川井道場で初めての合宿をしました。
僕は優心塾川井道場の合宿はとても辛いと聞いていて、とても緊張していました。また皆も初の新道場の合宿ということでとても緊張していたと思います。
僕はこの合宿でとても色々な事を学びました。後輩の面倒を見ることの大切さ、自分から動く事の大切さ、声を出す事の大切さ、皆と関わることの大切さ、給水するときに「ありがとうございます」や「ごちそうさまでした」などの事を言う大切さ、他にも大切な事をたくさん学びました。
僕はこの合宿で人間としてやる事の大切さを教えてもらったと思っています。
人間としてこれぐらいの事はやる、改めてこのすごさ、美しさ、大変さを知った合宿でした。他にも優心塾川井道場の誓いや遊戯三昧など声がかれるまで言った事にも意味があると思います。
声がかれるまで優心塾川井道場の誓いや遊技三昧を言い続けて自分はとても変わりました。まずが声を精一杯出せるようになった事、辛いことを乗り越えられる努力ができるようになった事。
とても今回の合宿はいい体験になりました。これからも優心塾の練習をがんばり、辛くなったときは今回の合宿を思い出して、これからも辛く、楽しい稽古を優心塾川井道場の仲間と乗り越えて行きたいです。

最後になりますが大変暑い中、川井先生を初め諸先生方、御指導ありがとうございました。
塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場