塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

ゆうしんじゅくの合宿 小学三年生 須田凌多

ぼくは、三ぱく四日をおえて、一つかんじたことがあります。
それは、初日と二日目でひ日じょうてきくうかんにいるということを、わすれていました。だけど、三日目とさいしゅう日は、ひ日じょうてきなくうかんに、いるということを、わすれないで、できました。

らいねんの合宿では、三ぱく四日のけいこはつらいけど、日にちじょうてきなくうかんにいるということを、わすれないで、がんばります。あとは、この道場で合宿ができるのは、この合宿が最後かもしれません。来年の合宿はしん道場でやるかもしれません。でもずっとしたしんできた道場です。いまの道場で、おもいっきり、声がかれるまで、声をだして、ふみこみの音がドンという音をだせるようにがんばります。
あとは来年までじぶんのリミッターをもっと、もっとあげていきたいです。
塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場