塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

本当のライバル。 小学校2年 政本 隼澄

月ようびに川井先生がライバルの話をしてくださいました。ライバルというのは、じぶんの敵であり、ときには助け合う仲間のことだと思います。
ただ試合が強いだけで少しの努力もしないとべつの人にぬかれてしまいます。
かいとせんぱいと、たけのりせんぱいは、さいしょはたけのりせんぱいのほうが倍強かったけど、かいとせんぱいが毎日努力をしたからたけのり先ぱいと
同じぐらいの強さになったそうです。ぼくはその話を聞いてぼくはしだら先ぱいのように努力をたくさんしたいと思います。
もしもかいと先ぱいが努力をしなければ、たけのり先ぱいが何十倍も強くなっていたかもしれません。
ぼくはかいと先ぱいをそんけいしています。なぜかと言うとかいと先ぱいはしあいに負けてもあきらめずに努力をしてたけのり先ぱいにおいついたからです。
すごくかいと先ぱいも辛かったと思います。
ライバルというのは自分にとっても大事だと思います。ライバルというのは一生かわらないと思います。でも油断しているとライバルにとって、自分はライバル
ではなくなると思います。そうならないようには、自分が努力をしなければいけません。その努力は楽ではないかもしれないけど、あけらめずにやればきっと
さいごは良いことがあると思います。
その努力はむだにはならないと思います。
塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場