塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

ライバルをつくる。 中学1年生 吉田 悠悟

月曜日に川井先生が海斗先輩と猛法先輩を例に上げてライバルについてお話しをしてくださいました。
ライバルとは好敵手と日本語で言います。好敵手とは、相手の足を引っ張り合うのではなく、相手より努力し、切磋琢磨する友達のことです。
海斗先輩と猛法先輩は切磋琢磨して強くなりました。海斗先輩は猛法先輩に負けたくないと必死に稽古をして、猛法先輩も海斗先輩に負けじと稽古する、
こうして二人はつよくなっていったんだなと思います。
ぼくの好敵手と言える相手はたかひと君です。たかひと君は掛かり稽古でつかれていてもどんどん向かってきいき、地稽古では相手より先に攻めて、先に
技を出してきます。こんなたかひと君にぼくは負けたくないです。ぼくはたかひと君のような稽古はできません。でも負けたくないので、ぼくは一生懸命稽古
します。
ぼくはたかひと君に負けたくないですがたかひと君のことは好きです。後輩の面倒はしっかり見るし、掛かり稽古中にすれ違うとき、小声で「ファイト!!」
と言ってくれます。ぼくはつかれていても、とても嬉しい気持ちになります。
ぼくはたかひと君と切磋琢磨して、もっと強くなります。
塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場