塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

ここから!! 中学三年 前波 萌乃香

川井先生がお話してくださるお話の中で、私は好きだなと思う話が沢山あります。その中でも「リミッター」のお話は、剣道の修行においても大切だと私は思います。

「リミッター」とは、車についている「速度制限機会」です。スピードが出過ぎると危ないので日本の車のには「リミッター」がついています。

そこで川井先生は、人間にも「リミッター」がついていると仰いました。人間にも、限界はあります。人間のリミッターは辛い苦しいと思ったら止めるという機能がついています。先生は、そのリミッターをはずせって仰いました。私は、ここで自分の限界を超えることってできるのかなぁ?と思っていました。いざ川井先生の「リミッター」はずし稽古をやってみると・・・・本当に地獄のようで、凄く辛かったです。

体も崩れてボロボロになる頃、私はいきなり「ちくしょう!」と思ったのです。なんだかムカムカしてきて先生に何とか食らいつこう、「こんちくしょう!」で私の頭、心、体は、いっぱいになり思いっきり稽古ができたのです。何も考えません。考えられません。でもその稽古が終わり面をとるとスカーッとして達成感で満ち溢れとても稽古して良かったと、とても幸せになります。

このことから私は、リミッターをはずすのに必要なことが少しずつ分かって気がしました。

それは「こんちくしょう」の気持ちです。ヘロヘロになった所で自分に、「これからだーここから勝負だーこんちくしょう、と言いつけるとリミッターがポーンとどこかに行って頑張れるんだと思います。

しかし簡単なことではありません。仲間の声援も大事だと思います。自分で「ここから」が越えられないのなら、仲間を頼ります。そしてその仲間が苦しい時には、私もたすけます。

「リミッター」をはずすには、これらがとても、大事なことだと思います。

「ここから」で自分に勝ちリミッターも飛ばし、仲間と共に強くなっていきたいと思います。自分に勝てなくて後悔するのは、絶対に嫌です。辛い時こそ「ここからだ!」と自分を盛り上げ、「こんちくしょう」でパワーアップし、すごく良い気分で稽古が終われるように頑張ります。

体力よりも気迫、気力が大事だと思うので鍛えています。いつも「ここからだーこんちくしょう!」を忘れずに頑張って行きます。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場