塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

合宿での成果。 大井 一真 小学6年生

暑い暑い夏がやってきた。そして暑くてきびしい夏合宿もやってきた。ぼくは、今年特に気合いが入っている。なぜなら、ただけい古をするのではなく目標を決めてやるからです。

ぼくの今年の合宿の目標は三つあります。背中をのばす、腹から声を出す、あごをあげないの三つです。それを頭に入れてけい古をやりました。背中がのびるようになってきてうれしくなりました。朝のけい古で腹から声を出せるようになりました。そして最終日あごがあがってないから前に出てやれと言われたとき三つの目標が達成できたのでとてもうれしかったです。

ぼくは、今までに三回合宿をやって一番つらくて楽しくて成果がよくでた合宿でした。合宿の最後にがんばった人で僕がよばれて竹刀をもらった時、目標をたててやればかならず成果はついてくるんだと思いました。先生たちがいたからこの合宿で成果がでました。

合宿にきてくれた先生本当にどうもありがとうございました。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場