塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

合宿で学んだ仲間の存在。 東 龍佑 中学3年生。

合宿を通して学んだ事は、仲間の大切さです。

なぜなら、今年の合宿は今までで一番辛かった合宿です。自分一人ではきっとすぐめげたり心が折れてしまうかもしれないけど、仲間がいて、励まし合ったり助け合ったことができたから、どんなに辛く苦しいことでも乗り切る事ができました。

たしかに仲間は、稽古の時に特に今年のようなとてつもなく辛い稽古の時に、周りのみんなよりもっと声を出したり先生方に一回でも多く稽古をしてもらったりなど、ともに競い合うライバルでもあります。しかしこうやって競い合うことができるのは、大切な仲間の存在があるからだっと今回の合宿で分かりました。

それに合宿で、美佐子さんの作ってくれた美味しいご飯も、仲間と食べるからよりいっそ美味しいと思いました。

ぼくは合宿で仲間とかけがえのないものだと感じることができました。これからも、今回の合宿で学んだ事を忘れずに、大切な仲間と辛く厳しい稽古を乗り越えていきます。

史上最悪に辛くて苦しい合宿だったけど、それ以上に仲間と乗り越えられたいい思い出になる合宿でした。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場