塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

逃げない。 入江 魁人 中学1年生。

今年の合宿の目標は、「何かを注意される前に行動する」でした。

昨年の合宿は、けいこでは自分をおいこみ、集中してできたけれど生活の方では、注意されることが多く、だらしなかったのでこの目標にしました。

今年は、例年になく注意されたりおこられたことが多かったです。生活面ではあまりそういうことはなかったのですが、けいこでは、声が出ていないことでおこられました。怒られたときは「のどがかれているのだから声が出ないのは仕方がない。」と自分を甘やかし、逃げて、逃げて、もう一度言われても逃げてずっと逃げ続けてしまいました。

それを振り返ってみると、逃げ続けてきて、やり遂げられない自分の心が情けないと思いました。もう逃げたくありません。

なのでこれからの合宿や稽古で一生懸命やります。

生活面では、食事の準備で食べ物などを運ぶことがスムーズのできたり、気づいたことを素早く行動に移すことができたのが良かったので、そこをもっと伸ばしていきます。

このように毎年、片方ができて片方ができなかったりすることがあるので両立できるよう、努力していきます。

そしてもう逃げて稽古をしません。

今年も、みさ子さんが食事を準備さる料理はすごく美味しいです。また来年も宜しくお願いします。

ありがとうございました。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場