塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

みなおすきっかけ。  入江 魁人

この間、川井先生が、太陽の作文の話をして下さいました。

太陽の作文の中で、「いじけない、ふてくされない、前向き、笑顔は、自分が自分のためにできる自分を幸せにする方法です。」という一文を、川井先生はとても良い文だと紹介して下さいました。

この話を聞いたときぼくは、遊んでいる時に、自分のいやなことや、思っていることがうまくいかないとすぐにいじけたり、ふてくされたりしてしまうと思いました。

自分の性格が分かっている人は、いじけたりしても気をつかってくれたり、優しくしてくれます。

分からない人は、たくさんきらわれたり、仲間に入れてもらえなかったりされていると思います。

ここから、自分の不得意なところをみなおすことができました。それは、自分から人に声をかけたりすすんで行動することが大切だということです。

自分自身がたくさんの人と話したり、遊んだりしてぼくを知ってもらうきっかけができたので、今年の合宿では、先輩方に頼ってばかりいないで、自分の考え、思いを行動に表し、仲間と仲良く、たくさんの仲間と楽しんで稽古をすることを目標にしてがんばります。

ぼく自身が変わらないと、真の友達はできないので、自分が自分のために自分からたくさんの仲間と話していきます。

ぼくが変わるのを見て下さい。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場