塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

正しい心とは  中学一年 設楽 海斗

 「剣心創人」この言葉は北原先生が考えられた言葉です。意味は剣の心で人を創るです。 その中でも剣の心とあります。剣の心とは正しい心です。正しい心。正しい心とはなんだろうと、疑問に思いました。なので正しい心について考えてみました。自分なりに考えた結果、正しい心とは、自分が本当に正しいと思ったなにかだと思いました。その本当に正しいと思ったなにかを弟子や、後輩に教えていく。これが剣の心で人を創ることになっているのだと自分は思いました。皆さんは正しい心とはなんだと思いますか。
北原先生が本当に正しいと思った教えを、川井先生、先生方、そして僕たちに「剣心創人」として、くださったのだと思います。
北原先生が創られた「剣心創人」の言葉を僕たちは胴につけて、試合などにでています。
この「剣心創人」という大事な言葉を胴につけていながら、試合で負けたらすごくくやしいし、北原先生にも申しわけないと思いました。練習でぬいたりすると強くならないし、やはり、北原先生にも申しわけないと思います。
 だから、これからの試合、練習、共に「剣心創人」の言葉にはじぬよう、日本一を目指してがんばります。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場