塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

カモメのジョナサン 中学3年 成田 亮輔。

日曜日川井先生がカゴメのジョナサンについて話してくださいました。

カゴメのジョナサンとは百匹いるカゴメの内のリーダーの名前です。その他の九十九匹のカゴメはカゴメのみなさんといってみんな同じ名前です。ジョナサンはみんなの先頭で飛んで、行き先や方向など全て自分で決めます。でも一番カッコイイですが一番つらいのもジョナサンです。

強い雨や風を一番受けます。そんな辛い事があってもやっぱり一番カッコイイです。

そんなみんなの作文を川井先生が読んでくださっている中、川井先生が{自分がジョナサンだと思う人は手をあげなさいと、僕達に問いかけてくださいました。僕はその時、手をあげる事ができませんでした。手をあげれなかった時、僕は一つ恥ずかしさと、もうひとつ、自分がジョナサンではなく残りのカモメのみなさんだったという悔しい気持ちになりました。

その日家に帰った後、自分はどんなジョナサンにならなくてはいけないんだろうと考えました。

考えた結果、僕は人一倍がんばるジョナサンになろうと心に決意しました。今僕は優心塾では最上級生です。みんなをまとめる役としてこんなんでいいのかと反省しました。みんなをまとめられる人は人一倍がんばり、後輩に優しい人です。僕はよく川井先生に優しいだけなら何にもならないと言われます。

なので心に決意した。人一倍がんばるジョナサンになり、後輩からも信頼される先輩になってこれからの日々の練習や夏の合宿をがんばります。

 

 

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場