塾生の声(作文)│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

「こんちくしょー」の気持ち  六年 池谷 直晃 

「こんちくしょー」とは、相手でなく自分に言う言葉です。かかりげいこなどで先ぱいに飛ばされると自分にむかってよく言っています。「こんちくしょー」を言うと相手に全力でむかう勇気がわきます。しかし毎日「こんちくしょー」がでるわけではありません。   がんばっていても「こんちくしょー」は、でないことがあります。これからは「こんちくしょー」が出るくらいに全力でけいこをして、いつでもだせるくらいに成長します。     
「こんちくしょー」をけいこの時だけでなく試合でも使えるようにします。試合では「こんちくしょー」の勇気で相手にたちむかいます。「こんちくしょー」でけいこをして、「こんちくしょー」で試合して、明日は絶対優勝してみせます。そして県大会、全国大会までに「こんちくしょー」をできるように、これからいっしょうけんめいけいこをして、がんばっていきます。そして「こんちくしょー」を出すためにすることは、たくさんあります。まず「声をだすこと」「全力でけいこすること」「無我夢中でけいこすること」「先ぱいにたくさんしごいてもらうこと」「そのために人に好かれるようになること」このことを日々のけいこでがんばっていきます。また一つ僕に課題ができました。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場