優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

はぁ~ふざけんなよ!

へいへいおはようさん。朝から疲れます。
いきなり会社のパートさんから電話があり、弊社の社員二人が取っ組み合いのケンカをしてるの一報があり工場に行くとケンカをしてるじゃありませんか。

わしは直ぐには止めずに見ておりました。何故かって?そりゃ~格闘技生で見ると面白いからです。わしは二人を応援してあげました。やれーやれーと。まぁこのような時は仲裁に入るのもタイミングと終わらせ方が大事なんです。
わしは強引に二人を放しても興奮しておるのでどうしようかと考えました。

下手に入り込むとわしも参戦してしまうので、わしは〇〇君カッコエエでぇ~〇〇押されてるでぇ~足腰弱いの~じゃがおめーらどこで終わらせるんじゃい?やめーや!わしがやめろちゅうてんのに止めないのか?
って事はわしにケンカ売ってるんかい?と言うと二人はケンカをやめた。その後二人はわしに詫びを入れにきた。

しかし何故人間ちゅうのは何人か集まるだけで揉め事が起きたり派閥ができたりするのでしょうか?たかが数十人集まっているでけでこのような事が起きてしまう。それじゃ~世界平和なんて無理じゃないですかねぇ。

人間は感情で生きています、しかし理性ちゅうのもあるのです。

剣道で黙想ちゅうのがありますが、正座をし左手の上に右手を置いていますが、これにも意味があるそうです。
これは塾長から教わったことですが、左手が感情、右手が理性だそうです。
感情を理性で軽く押さえているそうです。(って教わったと思う?)

ホンマ剣道で勝った負けたの事よりも色々な事を教わった気がします。

わしも塾長みたいに感情を表に出さないような人間になれるように努力しようと思います(笑)

黙想!


塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場