優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

子供達の成長を感じるとき。

へいへいお元気ですか?わしは50肩?か分かりませんが肩が痛いです。久しぶりに塾長にお会いしたので塾長の気で体が壊されてのかもしれません。

久しぶりに道場に顔をだし稽古を見ると、子供達の成長の早さに驚きます。つい最近まで胴着を着けられなかったり、お母さぁ~ん先生の顔が怖いよ~とか言ってたお子様達が、生意気なクソガキに変身しているではありませんか。
身長が伸びたとか、そんなことでわしは成長を感じるのではなく、要領がメチャよくなっているちゅうのか、ズルさがでてきた時です。


優心では廻り稽古を頻繁に行いますが、この稽古確かに一生懸命やれば辛いのですが、全員、今日のメンバーは誰かなぁ?と始まる前に確認し、よーし今日のルートはこうしようとか、考えているみたいです。
始めの号令で一斉に声をだし、相手に掛かっていきますが、おーし次はサービスエリアじゃ~と休憩する相手を選んでいるようで、中には連続休憩していて、中々これでは目的地には着きません。これでは、わしの長距離移動と同じです。

先生から離れて行くほどだんだんおかしな行動が出てくるのも笑えます。先生と稽古をしているときは、ただがむしゃらに向かって行くんですが先生から遠ざかると竹刀の点検をしてみたり、いツバ競りあいをしているように見せて、実はメチャ休憩していたり、その間アイコンタクトで、お前張りきるなよとか、まだ終わらないのかと会話しているように見えます。徐々に先生に近づいていくと、今までとは動きが段々変わり、僕頑張ってまーす状態になってるとこが笑えます。

じゃが、どこの場所で稽古をしていても先生は見えているのですよ。先生は休憩所で休憩している姿を見ながら、お前達の様子を観察しているんじゃ。
その姿を先生が見ているときの気持ちってどんな気持ちなんでしょうか?怒りですか?悲しみ?ですか
怒られているうちは花なんですよ。分かりますか?中学、高校、大学と進学や就職していきますが、先生、先輩達はその行動に対して怒り、悲しみ、なんて上に行くほど冷たくなってきて最後は無視!になっちゃうんです。
日々の行動が癖になったら終わりですぞ。

先生が色々な事を教えてくれて、お前ら分かったか?ハイッ、声が小さーーーい、ハイッ!なんて声を出す練習はそろそろ卒業せんかい!

塾長が教えた事を行動に移せないと、塾長泣いちゃうでぇ~。
塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場