優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

ぎょい!

へいへい、皆様このクソ寒い日をいかがお過ごしでしょうか?娘は朝から遠征ちゅうので母ちゃんが早くから越谷まで送っていきました。その後千葉に向かうそうで、明後日からは5泊6日でスキー教室だそうです。2年生は今日から?修学旅行でアメリカへ行っています。
なのでわしの今日の朝飯も「だう」山田うどんで済ませてきました。

スキーなんて懐かしいなぁ~( ^o^)ノわしの若い頃は「私をスキーに連れってて」ちゅう映画がブレークしたおかげで、猫も杓子もみなスキーなわけですよ。わしもとりあえずは、ロシニョールなんてスキー用品ブランドが流行ったので上から下までとりあえず、ロシニョールで完全装備し週末は山に出かけたもんです。わしはとりあえずは何でも経験はしますが、スキーデビューした初日からなんでこんなゴツゴツした靴を履いて歩かな~あかんのじゃい、なんでわざわざ登って山を降りなきゃなんねーのと文句をぶつぶつ言いながらレッスンを受けなきゃーいけねんだと思っておりましたが、わしがスキーを始めた目的は別にあったわけで・・・・夏は夏でサーフィンもやりましたが、砂で体がじゃりじゃりになるのが大嫌いなんですが、これはこれで目的が違うわけでまぁ青春ちゅーのはエエ思いでなわけで・・・(汗)

あるとき先輩がわしにスキーに行くぞと誘ってきた。わしもこの時は普通に滑れるようにはなっていたんだが、別にスキーてそれほど好きでもないので断ったら、先輩が女の子もくるぞと一言。わしは万歳三唱しダハハハっと、わしの本来の目的がいよいよ実行に移されるときがキタッッッッッて思ったね。
わしは是非お供させてくださいと先輩に言った。わしはどんな子が来るんですか~と先輩に尋ねたが先輩も他の先輩の知り合いなので分からないちゅうことで当日までのお楽しみちゅうことになった。わしはワクワクしながらスキー当日を楽しみにしておった。

当日待ち合わせの場所に行くとなんかし~んとしている。先輩どうしたんですか?と尋ねると、お前あの子達連れててくれる?と聞かれたので女の子の方を見ると、わ~お・・・・・ぶちゃいく・・・・だけど楽しけりゃ~エエじゃないかと、わしは愛想を振る撒いてどーーーーーもと女の子達の方に歩み寄った。
すとと蚊の鳴くような声でどどどどーもこんばんは・・・・後の会話なし。異常に暗いやっちゃ。わしも帰りたくなる。
仕方が無いのでそのままスキーに向かうことになったんだが、車の後部座席に先輩がわしに座らせ、わしの隣に女の子を二人乗せた。先輩の手際の良い行動にわしはやられた~と憾んだ。

車を走らせ一時間もしないうちに、わしの隣に座っている子が気分が悪いと言い出した瞬間、ぶぶぶぶぶっと口からゲ〇がぴゅぴゅぴゅと飛びだしてきてわしは先輩車ストーーーップと車を脇に停めた瞬間口の中で充満していたゲ〇が瀧のように流れてきて、もう一人の女の子が心配そうにハンカチで拭いていた。先輩をチラッと見ると眉間がピクピクしていて、今にでも切れそうな状態じゃった。
なんとか掃除をし出発をしたが車中に〇〇の臭いが充満していて、連れの女の子も具合が悪くなり車外にでて再び〇〇・・・わしも実は気分が悪くなっていたが先輩の顔を見ると怖くて言い出せなかった。

なんとか旅館に着き、部屋に入るともう一台の車でも似たような騒ぎがあったみたいで先輩三人は今まで口に出せなかったイライラをぶちまけ、じょうだんじゃねぇーよ、誰だあいつらを呼んだのは、オメー責任取れよと先輩同士口論になっておりスキーどころではなかった。わしはやはり来なければ良かったと後悔しておった。このような場に居ると一番とばちりを食らうのは後輩のわしなわけで、先輩と眼を合わせてしまったら、手招きされオメーこれからのスキーな、奴らの面倒はすべてお前が担当だエエなぁ。やつら今回スキー初めてみたいだから、お前が教えてやれ・・・じゃが止まり方や転び方なんてことは教えなくてええから、直滑降だけ教えて崖へ向かって滑らせろエエなぁと一言。この時はホンマ冗談に受け止められなかった。

それがわしの最後のスキー体験でした。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場