優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

地鎮祭。

へいへい、おはようさん。ブログ忘れてました。まぁこれといって面白い話もありませんが昨日わしが娘に貸してある携帯がぶっ壊れました。

娘はこの携帯むかつくと言いながら放り投げました。わしはこれはテメーのじゃないんじゃわしが貸してあるのを忘れんなと一喝してやりました。

ほっておいたら朝は復活していたみたいです(たぶん)。調子が悪いのでキッズホンに変えようかと思います。ガキの分際でスマートホンは贅沢すぎます。

 

そんでもっていよいよ13日は地鎮祭ざんす。お供え物に、鯛を用意するんですが、腹は割くな、傷は付けんなとかいろいろな注文があるんです。わしも

心配になり昨日、男気鮨屋さん(豊鮨)に電話で確認したら時間までに焼いておけばいいんですよね・・・・・だって。わしは焦ってで~思わずアホウ!

と言ってしもうた。傷もつけちゃアカンちゅうのに、あぶなく焼かれるとこじゃった。すると血抜きはしてええのかと質問されたんで、塾長に確認することに。

血抜きしとかんと臭くなり食えなくなりますがどうしましょうと?・・・・・・塾長は2,3秒沈黙した後、血抜きだけはしてよいとのこと。

しかしこの鯛は最後はどうするんでしょうか?お弟子さんの羽田先生がさばくんでしょうか?誰か出刃包丁用意しておったほうがええぞ。

塾長には念の為、前日にもう一度電話しておいたほうがええのかと考えてしまう。前日に電話したら刺し盛りにして持って来いなんちゅう、逆転満塁ホームランみたいな事を言われる気がしやす。三年もお付き合いしていますとわしも先が読めるようになってきております。

 

地鎮祭なんて祭りの文字がありますが、屋台がでてドンチャン騒ぎをするわけでもなく、わしとしてはいまいちワクワクせんのです。じゃがわしはいつでも前向きなので、自然と面白くならんかのうと思いながら生きております。

地鎮祭ちゅーのは土地の神様に、ここに道場を建てることをお許し下さいとお願いする儀式みたいなんじゃが、もしみんなでお願いしまーすと頭を下げた瞬間、地神様が、い・や・じゃ・と一言いってきた瞬間、塾長のこめかみがビッシッと音をたてキレてみい、おもろいで・・・・・

地の神VS塾長の死闘が目の前で観戦できるんじゃ。

優心塾、新たなる伝説がまた一つ増えるかもしれないので、わしは今からワクワクしだしたぞい。

お弟子さん達は白いフンドシ着用してきてください。北島三郎の祭りの歌では山の神、海の神にお願いするときは白いフンドシを引き締めていくみたいざんす。

 

注意!ウケ狙いで信玄さん赤フンはやめてください。パトカーが来てしまいます。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場