優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

考えさせられる。

へいへいおはよーざんす。今日はなんか二日酔い。(´д`)昨日ヤケ酒を飲んでしまったのがいけませんでした。新座市市民剣道大会に引率してくださいました先生方、お手伝いに行かれた御父母の皆様、お疲れ様でした。<(_ _)>

休憩をしながら塾長と、ドラマ半沢直樹の話で盛り上がりました。塾長もわしもドラマなんて全く観ませんが最終回だけは世間で盛り上がっておるもんで、塾長もわしも観てしまいました。お互いミーハーちゅうことでしょう。

ラストシーンで半沢が大和田ちゅう上司に土下座をして謝れーと罵声を浴びせた後に頭取からもうよせと一言、半沢に命令したんじゃが、半沢がそれを無視し土下座させたんじゃ。半沢は大和田の悪事を暴き勝負でいえば勝ち、半沢はこれで部長に昇進できると思っていたんですが頭取からの辞令で子会社への出向がきまり、ある意味、左遷されたんじゃ。

半沢ちゃんも納得せんかったみたいで、頭取を睨み付けて終わるんじゃ。頭取がもうやめなさいと一言いったときに半沢ちゃんが土下座までさせなけらば男がたったと塾長がおっしゃっていました。わしもそれを聞いたとき、わしもまだまだガキかのうと思った。

あのドラマで流行語になってるみたいだが、やられたら倍返し、100倍返ちゅう言葉、相手にトドメを刺すまでやるぞーって感じちゃいますよね?

中途半端にやり返しても、また恨み辛みが膨れるだけで、最後はお互いが同じ感情を持つ人間になってしまうのではないのでしょうか。

優心塾の教えで試合中、審判のストップがかからなくても相手が倒れたら打ち込んではアカンと教えられておりますが、それと同じ考えなのでしょうか

ちょいと話がムズイですがいろいろ考えさせられた、数分間の塾長との話でした。

 

 

ん?まま・・・・・まてよ・・・・・・??????わしは塾長に睨まれた瞬間、即死しとるで~

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場