優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

お手本。

ハイハイ今日も朝がやってきました。朝から娘にカミナリを落としました。朝からイラッとするわしです。そういや~ブログ剣道の話題から

だいぶ掛け離れてきましたので今回は剣道の話題にほんの少しもどしましょうかねぇ~

わしの娘ですが優心に来る前に道場を転々としやした。最後に紹介された板橋の道場もええ先生がいらしゃいましたが、遠すぎて通うことはできませんでした。じゃがその先生がおしゃるのには師は三年経っても探せと簡単にわしに言ってきました。

わしは三年なんて時間がないんじゃアホと心の中で思いましたが口には出せませんでした。わしも大人なんでニコニコしながら、その先生にええ先生

わしの家の近所におりませんかと訪ねたんじゃ。二人の先生がなんやコソコソと話しながら、間違いの無い剣道を教えてくれる所はあるが厳しいが

ええかと娘に話しておった。娘はお願いしますと何も考えずに先生におしゃった。

早速、優心に電話をし見学に行くことになる。道場の場所がわかりにくく迎えに来てくれた方がたかひと君のパパでした。

じゃがわしは当初、この方が先生だと思い、なんて優しそうな方なんじゃろうと安心したが道場に近づくにつれて、太鼓の音や稽古をしている人たちの

かけ声が聞こえてきて驚いた記憶があるんじゃ。

ドアを開けると仁王立ちした強面の顔つきの人が立っておる。わしは震える体でこんにちはと挨拶したがすぐさま、さようならと言いたいところだったが

足がすくんで動けなくなってしまっておった。

するとドスの効いた声でわしがこの道場の塾長をしておる、川井ですと挨拶をされた。わしはでったーーーーーと何か恐い物が突然現れた時の感情に

なってしまった。じゃが何処かでお会いした顏じゃがすぐに思い出せない。じゃが思い出した、お寺の入り口に置いてある仁王像じゃ。

わしは何も悪いことはしておらんが、お許しよ、お許しよ、ナンマイダーナンマイダーと拝んでしもうた。(@_@)

 

じゃがわしにも秘策があった。娘もこの稽古を見て、ビビリ、おとーしゃん恐ーいと言ってくるに決まっておると思い、わしの中ではさて次の道場

さーがそうと思っておった。

塾長が娘に、お前やる気あるんか?うちは厳しいぞ?それでもやるんかと質問したら、娘がお願いします、やらせてくださいと頭を下げた。

わしは、あれれ?予想外、想定外?気でも狂ったかと思いながら帰りの車の中で何回もええのか?ほんとうにやるんか?と訪ねたが面白そうと言うだけで娘の意思は変わらなかった。

三年お世話になっておるが、まだ一度も辞めたいって言葉を聞いたことが無いのが今考えれば七不思議の一つです。

又、塾長を支える青心会の先生方もすばらしい方々ばかりです。わしも剣道がどうじゃとかは分からんが、なんとなく分かったことは先生方はたぶん

変態です。m(_ _)m

で長くなりましたが本日の本題です。

では本日参加してくださる、青心会の先生誰かいらっしゃいますか?手をあげて下さい。

 

はーーーーーい、はーーーーい。何処見てんのやーーココヤココじゃ。

 

 

あたいが、でるんじゃ!ぼけーーーっ

 

「会長」・・・・・・・他の人おりませんか?

 

「理恵} 会長シバクでほんま?

 

「会長」 でで・・・は理恵先生お願い凍ます。

 

「理恵」 おいおい、なんでわてこの頃参上させんねん。みんな待っておるんじゃ。わてが出ないからこの頃みんなの書き込み少ないやろ。

      あたいを出さんからやで~ホンマ。

 

「会長」 理恵先生でも大丈夫でっか?今年は厄年や、ないんですか?指折ったり、ほっぺに犬ぶらさがったりで・・・・

      厄払いいっときや、川越にええ神社あるみたいでっせ~

 

「理恵」 ダハハハハッ( ^o^)ノ心配無用や

 

(会長」 でも久しぶりですよねぇ~心配です。

 

「理恵」 じゃあちきの素振りみんしゃい。どこも錆ついておらんで~

 

長いので続きます。

 

 

 

 

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場