優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

日射病。

アホーーー娘とかーちゃん二人して面談の時間間違えやがった。午前じゃなく午後でした。おかげでわしのスケジュールが狂ッてしまい今暇してます。

 

でまた朝霞です。

二日目の午後だったと記憶しておるんじゃがみんなで好きな事をしようちゅーことになり上級生が野球をしようと言いだした。わしは昼寝がええんじゃが、上級生が決めたことには逆らえない。

わしはこれが人生初の野球体験、しかもルール知らんし・・・・先生はわしに外野につかせたんじゃ。たぶんセンターだったと思うのじゃが。

先生はボールが飛んできたら捕って投げればええからと、めちゃどうでもええ説明だけでわしにセンターを任せたんじゃ。

じゃがわしの所へは一球も球が飛んでこんのじゃ、しかも炎天下の中。わしは知らんうちに倒れてしまい、気がついたら木の下で寝かされておった。

目が覚めると引率したお母ちゃんが2名がわしにウチワで扇いでおる。わしが目を覚ましたことに気がつき、大丈夫、大丈夫と声をかけてきた。

これが日射病ちゅうのか今は熱中症ちゅーのか、たぶん同等な病気なんじゃろう。座って先輩たちの野球を観戦しとるうちに、野球が面白そうに思え、先輩にルールを教えてもらった。

じゃがわしが倒れたことが、帰ってから面倒な事になることをまだ知らない。

三日目の起床ラッパで目を覚ます。毎度同じリズムでの生活が始まる。わしは昨日歩いた後を同じように歩いておるのかと考えていた。

夏休みちゅーたら、家で午前中は仮面の忍者赤影、ジャイアントロボ、チキチキマシーン猛レースを見なけりゃいかんのに2日も見逃しており、わしはたぶん鬱状態になっておったに違いない。

近頃ではこのうつ病がマスコミなんかで話題になっておるが、わしは最先端でうつ病になっていたんだろう。

そのまま道場に稽古に行ったら今日は体育着の上に防具をつけなさいと教官に指示された。竹刀の代わりに今日はこれを使いますと、なんやライフルの形をした木製の物を渡された。

わしはおーーッカッコエエなんじゃこれ?弾でもはじく事ができるんかと銃口を覗いたがふさがっておりガッカリした。

教官がみんな静かに!これは銃剣術って云うスポーツですと30分位説明を受けて、いきなり体験稽古をさせられる。よく解らないまま先生にかかって行ったがボコボコに突かれるは倒されるは、そんでもって剣道より痛いんじゃ。

わしは枯れてた涙が復活しまたまた泣いてしまった。あの時に記憶がいまだに残っており、わしは銃剣術ってもんは二度とやらないと誓った。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場