優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

10$の男。

ひぇ~~暑いですねぇ~梅雨あけていたんですね?年間わしは夏が嫌いなんです、それと冬も嫌いです、それと春も嫌いなんです。

なんで秋しか好きな季節ありません。

全国大会、合宿までこれといった話題があまりありませんよねぇ?塾長の話題にしようかと思いましたがさわらぬ神に祟り無しちゅうことわざが

あるんで・・・・

真弥の逆襲があまりの高視聴率でビックリしました。てな事で飽きるまで進めようかと思います。

あれからどうなったかと、真弥の事を大変心配してると思います。

試合後の真弥を特集しやす。

 

朝霞の試合後、真弥は瀕死の重傷になり、塾長があわてた。

会長救急車!じゃが119番ではにゃい。こんな事もいずれ起るかと優心特別救助隊を呼んだ。数分後、優心極秘オペ室に搬送された真弥。

塾長が真弥があぶない、なんとかせねばいかん。

imageCA56K95M.jpg

 

「会長」手術って医者はどこにいるんですか?

「塾長」アホぬかせ、大学病院なんて行ったらいくらとられるかわからんぞ!

「会長」じゃがこのままですと真弥の命があぶないです。

「塾長」塾長はよっしゃーこれじゃっとブタの貯金箱を取り、頭突きでかち割った。

すると1ドル硬貨が10枚転がってきた。今の円に換算して1010円か?

なんとかなるで、心配すんな会長、後はわしの人脈でなんとかするからのうと携帯でどこかに電話した。

電話の口調は誰かと喧嘩しているようじゃった。一時間後、数人の怪しい人がチワーーーーと入ってきた。

そのうちの三人は白衣を着ておる。この人が医者なのか?塾長がドクターですかと尋ねると。

オーーウ、ワタシガドクターデース。ハーバードダイガクソツギョウネ、モウシンパイシナクテモエエヨと言い出すが

どう聞いても日本語じゃ。

わしは簡単に人を信用せんが塾長はメチャ信じておる。わしはドクターに証明書を見せると言ったら。またまたオーシンパイナイネ

ワタシヲシンヨウシテナイノと書類をあっしに渡した。ハーバードの卒業証書みたいだが、怪しい。なんで日本語で書いてあるんじゃい?

それも手書き。白衣をよく見ると〇〇小学校2年1組ってかいてある。こらは白衣でも給食の割ぽう着じゃ。それにカレーのシミまでついておる。

手術だってぇのに、不衛生極まりない。

それに極秘手術室ってここか?ただの道場の二階にしかわしは思わん。

塾長は心配すんなよ会長、人を信じないとあかんよとニコニコしながら話しかけてきた。

もう一人はどう見ても見慣れた人じゃ、あっ太陽パパじゃニッカポッカで仕事帰りなんじゃろ、ぶひくんどーしたの、塾長から呼ばれてさ、なんなのいったい。

とまだこの状況を把握していないようだった。

塾長は太陽パパ、手術台がないんで運んできてくれないかと頼んだ。しばらくし、これがちょうどいいみたいですよと卓球台を広げ設置した。

卓球台?が手術台?ええんか?

真弥は意識がもうろうとしているが、かすかにわしらの会話が聞こえているに違いない。もういいから死なせてとでも言いたそうじゃった。

塾長は準備ができたぞ、よーし手分けして作業をしようと全員を集めた。

太陽パパまずは消毒、外科医さんはおかしなとこ全部ねぇ。会長はあそこ、カクタさんは全員のほろしてくれる?とテキパキと作業分担をした。

 

まてまてわしの、あそこってどこじゃい?まさかあそこ?かいエーーーーッいやじゃ。

じゃが、塾長の命令には逆らえない。

太陽パパがじゃとりあえず、消毒しましょうかねぇ。ちょうどいい物が車にあったもんでとなんや大きな機械を運んできた。

これは間違いなく高圧洗浄機じゃ。消毒じゃぞ車洗うんかい。塾長もそりゃーええと喜んでおる。

その他二人医者が来ておるが説明しなくても同じレベルにしか思えん奴らじゃ。そう自称名医じゃ。誰かブラックジャック呼んでこんかい。!

こんなにドタバタしておるが、優心塾ではあたりまえの事である。

だんだん真弥がかわいそうに思えてきた。闇のペテン師みたいな医者がいよいよ真弥の腹を切開いた。このメスきれんのうと騒ぎ出す。

わしにまかせろとカクタさんが包丁研ぎでメスを研ぎ出す。わしはメスを包丁研ぎで研ぐところを初めて見てしもうた。

塾長と目が合い、会長も早く治してあげなよと、あそこを指さす。わしはしゃーないので箸でつまんでみた。元気なのか死んでるのかはわからないので、ギブスで固めて、完璧と声をだし、二~三回ペンペンと叩き終了と自己満足した。

医者が何処までやるんですか?と訪ねてきおった。わしはすべて治せと命令口調で言ってやったが、すぐに予算は?だと

なんや医者なのに怪我を治すのに予算があるんかと思い悩んだ。不安になりこのヤローの経歴をみると、ショッカーに所属しており、改造人間専門医と書いてある。

お前医者やないやんけーと言い寄ると、なんやねんと開き直られた。ちゃんと動けるようになったら治したちゅーねん。ちゃうか?われーと凄んできた。

確かに治せればええかのう?どっちみち、こいつしか医者おらんからのう。わしもしゃーないのでお願いしますと頭を下げた。

すると医者は手の平をを上下に振りながら差し出し、だから予算はと偉そうに言ってきたんじゃ。塾長のこめかみがピッシと音を立てた。わしはやばいと思い医者にわれーわしに頭下げさせといてなんじゃ?さっきから10ドルしかねぇちゅーとんねんボケ!

道場に行かんかい!おめーこれから二度と立てんように稽古したるけん覚悟しいや~と罵声を浴びせ、では塾長お願いしますと頭を下げた。

そうでもせんと塾長が暴れだすかもしれんのじゃ、塾長は剣道で気持ちを伝えるのがとても得意なんじゃ。

すると医者も身の危険を察知したか?自分がサイボーグになったらシャレにならんので、10ドルで気持ちよく承諾してくれた。


いよいよ手術が始まった。



塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場