優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

ブログ251回目突入。(^_^)v

このしゃーないブログ本日で251回目に突入です。ほんまアホちゃいまっか~?ざんす。

今週からいよいよ優心塾年間のメインイベントが行われるため、忙しくなりますねぇ~あなたが二人状態です。ユーツーです。(憂鬱)

でもみなさん安心してください。後援会会長自らビッシッとクーラーがばっちり効いた部屋からテレパシーで応援しますから。( ^o^)ノ・・・<(_ _)>

 

・・・・で朝霞駐屯基地編です。夕飯はセルフサービスになっており、好きな物をトレーにのせて取ってくるシステムです。わしはそれすら面倒でたまりません。わしは上げ膳据え膳の生活になじんでおるもんで。わしはメイドはいないのかのうと廻りをキョロキョロしても、それらしき人はみやたらんのです。

ご主人様お帰りなさいなど優しい言葉はどこからも聞こえんし、食事だとゆうのに何か緊張感がある不思議な空間にわしは感じておりました。

食欲もなく適当にトレーにのせて、席に着くが食べる気があまりしないし残したら怒られるんかと考えておったら、残飯はブタのエサになるので指定された場所に捨てて下さいと隊員の一人が話しておった。わしはブタのエサになるならバチは当たらんなぁと思いまた、ブタに餌をやってみたさに、ほとんどの物を残し指定の場所にサクサク向かったのだが、バケツが置いてありそこに捨てるだけでつまらんかった。

部屋に戻り隊員がまた先に来ておった。少しの休憩もなく今度は寝る前の準備を教えますじゃと。わしは目をつぶればすぐに寝れますよと思っておった。

敷布とマクラカバー、布団カバーをシワ一つ無くつけにゃーあかんのです。わしは自分の中ではかなり一生懸命にやったんじゃが、すぐさまやり直しの

声が聞こえた。何回かやったがすべてやり直しじゃ。わしはまたまたふてくされモードになっておったが、隊員さんが一緒にやろうと優しい声を差し延べてくれたがわしの中では、一緒じゃなくあんたがやってくれるとええんじゃがと言いたかったが、また腕立て伏せなんて事になりそうだったので、のどの奥にしまっておいた。

よやく敷き終わり今度はデカイ網が出てきた。なんじゃと考えておったら、なんやカヤちゅう蚊よけだそうじゃ。人間が網の中に入り蚊に刺されないようにする物らしい。わしはなんじゃこれ、それよかべープじゃろ、ベープ持って来いと言いたかったがここでは余計なことをしゃべると命取りになるのがわしには分かっておったんで、黙っていた。

消灯の号令と共に一斉にベットに入り電気が消えた。わしは疲れすぎてるのか、興奮して眠れん。今日一日なんの面白いこともありゃーせん。つまらん。

と考えておった。廊下の方に目をやると、電球に虫がたくさん飛んでおる、わしはみんな寝たと小さな声で言ったが誰からも返事がない、聞こえてくるのは

みんなの寝息だけじゃった。わしの悪ふざけに火がついてしまった。わしはリックからビニール袋を出しカヤから抜け出し電球の方に向かった。

電球の側の白い壁に蚊がぎょーさん留まっておる。わしは10匹位かビニールの中に捕獲し、隣で寝ておるヤツのカヤの中にその蚊を放った。

わしはケラケラ笑いながら自分のカヤに入ってしばらく隣のヤローを観察していた。

暗闇に目が慣れたみたいでカヤの中で飛んでいる蚊が目視できるようになっておった。

ヤローは何回も寝返りしており、とても寝苦しそうだった。

わしは満足したのかそれからはすぐに寝ることができた。

朝6時ぐらいだったか?突然起床ラッパの音と共に教官のかけ声で起こされる。全員起床!わしはそうじゃそうじゃと隣のヤローの様子を見てみた。

なんやぶつくさ言っておる。カヤの効果ないよー何カ所も刺されたとわしを見る、するとヤローのまぶたの上を刺されており誰かにパンチでもくらったように腫れ上がっておった。わしは大声で笑いたかったが笑いを堪えていた。

教官が敷布をきちんとたたみ一つにまとめておけと、朝っパラから命令じゃ。先輩も時間に焦っておったのかわしのもたたんでくれた記憶がある。

グランドにでるとお決まりの体操じゃ。なんか夏の風物みたいなノリ、わしは非常にイヤじゃった。町内でもラジオ体操手帳なんて物があり、全部参加するとなんか貰えるちゅーやつじゃ。

よー考えるとわしはこの頃から団体行動ちゅーもんをあまり受け入れられなかったみたいじゃ。

体操が終わるとランニングじゃ。何かかけ声をかけながら走れと教官からの命令、そんで決まった言葉がわっしょい。

声をだせーわっしょい、わっしょいと教官は早朝から張り切っておった。わしは教官が近づくと大きな声でわしょい、わしょいと叫び、はなれると

ハイハイわっしょい、わっしょいと聞こえないぐらいの声で言っていた気がする。

しかし優心の子供達を見てるとわしのガキの頃をよく思いだす。最近の事はすぐに忘れてしまうが古いことはわし結構憶えておるんじゃ。

 

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場