優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

苦労を背負う。

よー今日も元気でっか?先日スーパーのインスタント食品コーナーでギョギョとする新商品がありました。
日清から発売した、ハンバーグラーメンじゃ。デミグラスソーススープでラーメンじゃ。
あっしも古い人間になったみたいで、ネーミングだけで拒絶反応がおきてしまいました。
誰か食べて感想をください。
本日の朝食は冷やし中華・・・それも麺2玉の具てんこ盛り。・・・・あすからダイエットなんて甘ちょろいこと考えません。
気合い入れて食べてますんで。

で本題。
道場に通っておりますと、まぁーなんですか?いろんな事?問題がおきちゃうんです。
自分の子供もそうですが・・・・まぁこれが人生って事でしょうか?
ネットでおもろい本をみつけました。
古事記って本です。乞食ではないので間違わんように(^_^)v
内容ですが八俣遠呂智のような権力者の生き方と決別して、大國主命のように、人々の苦労が詰まっている袋を背負って、世の中の下積みになるような仕事をしていこう」
 この「袋背負いの心」こそが
『古事記』が我々に説き示してくれている本質であり、日本人の原点、大和心の神髄なのです。

難しいそうな本ですが他人の苦労を背負う仕事?ちゅう事でしょうか?
なんか、我らの塾長と何処か似てる気がしました。
あしが感じた事なんですが、少年剣道を教えるちゅーても剣道を教えるだけが剣道なんでしょうか、武道ちゅう基本があっての剣道だと思いますぞい。
子供が道場外で問題を起こしたら、その問題を道場に持ち込まないじゃなく、持ち込んでください優心塾って感じの道場ざんす、わしらの道場は。
どひょひょひょ、また勝手な事を書いちゃってますが?(^_^)v

子供ってええざんすよ、可能性、意外性は誰でもが持っていますよ。
良く親が私の子供はダメだとかおしゃっる方が多いですよね?わしもその一人ですが、自分の子供はアホだと思っていますが、その子供がが何か意外なことをやってくれたり、達成してくれたら、その感動は普通の人の何倍にも感じられます。だからわしの子はアホでもええかと(笑)
今日も朝から素振りをしながら鼻血ブーーッになっており、またまた笑いをくれました。
わしはその顔を観ながら、ちみーーーー今度はいつわしに感動を与えてくれるんじゃい。
笑いはもう飽きたから感動を与えておくれ。


塾長、青心会、門下生の方々、そろそろ今年もわしの娘にぶっ飛ぶ意外性をお願いします。m(_ _)m


塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場