優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

合同稽古会パート2じゃい。

わしらは東松山の体育館に優心塾の看板を背負い、いざ出陣したんじゃ。いつもの癖が治らんせいか、良美パパが一番に到着したんじゃ。それも1時間30分前に。

お前は何時に到着したんか?と聞きたいじゃろう。わしは前日、塾長が急用ができていけんようになったんで、ついつい気の緩みちゅーやつですか、わしら家族全員大寝坊じゃ。

じゃがわしは決める時には決める男なもんで、それでも1時間前には到着したんじゃ。

体育館も開いておってさくさく場所取りじゃ・・・と気合いを入れて突進したんじゃが、どこでも好きなところどうぞ状態じゃ。

ほのかに挨拶しに行かなくていいんですか?とナイスなアドバイス。さすが優心じゃ。わしをだらしない奴だと思うじゃろが、塾生が気が付くかどうか試してみたんじゃぞい。

あたりまえじゃろ、そんなの常識じゃい。<(_ _)>

しかしわしは誰が関係者なのか、さっーーーーーーぱり分からんので、わしのカンで挨拶しまくったぞい。

道場に入れるようになったんで、またまた一番で胴着に着替えさせ防具も着けてウォーミングアップっていうやつをやらせたんじゃが、誰もそんな準備もしてへん。

人がやらないときに、やるのが優心塾ちゅーもんでしょう。

しかしわしらのキャプテンのほのかが、みんなやってないじゃないとかいいながら文句をわしに言っておるんじゃ。わしは昨日、塾長に10の稽古をしろと言われたばかりじゃないか、お前ら!

誰も稽古してないちゅう事は相手は0の力と考えればわしらが10の力で稽古をせんとあかんのじゃと言い返したやった。

すると、ほのかはわしをチラ見して一言ウザイちゅーたんじゃ。しゃーないわしもちょいと大人の知恵で勝負したろうかと思い携帯が鳴って塾長から電話で話しておるフリをし、もしもし塾長、ほのかが

わしの言う事を聞かないんですと、いかにも塾長と電話で話をしてるふりをしたんじゃ。すると3人は稽古を開始したんじゃ。わしは声が小さいって怒鳴り3人は道場全体に響く声で稽古をしておったんじゃ。すると他の参加者全員の視線はわしら一点に絞られ注目の的になってしもうた。

注目されるとなんかうれしゅーなって、お前らメーンと言わずに優心って大きな声で言へちゅーたら、ほのかが、なんか恥ずかしくないとまたまた言い出したんじゃ。すると他の子が準備体操してたら、注意されておったのをほのが見つけほーらいけないんじゃないと、いかにも自分が正しいちゅーことをわしにアピールしてきよったんじゃい。

わしも、俺のとこには誰も注意してこんぞと言い返してやったが納得しない様子。わしも、あーじゃわかったよ聞いてくるよとズカズカ歩いて係りの人に優心塾ですけど!

ウォーミングアップやっちゃいけないんですかと、ちょいとドスをきかせた声で尋ねると、どーぞ好きにやってくださいしかし開会式が始まりますと言われできなくなってしもうた。

もし優心塾の名前で断られていたら、わしが川井ですって言ってやろうかと思っておったのに残念じゃい。(--〆)汗

 

朝一番の顔です。

IMG_9557.jpg

 

 この余裕。

IMG_9561.jpg

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場