優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

魔法のビンタ!

先日わらび剣友会親善招待試合があったんじゃ。見事!中学男子、女子のダブル優勝を果たした。優勝した喜びよりも今回の試合ではいろいろな事であっしも勉強させられ、感動した。

小学生高学年も団体戦ではベスト8だったが、すごく見ていてなんか玄人受けしそうな戦い方じゃった。知らないうちに先輩に近づいておるんじゃ。中学男子もなんかドキドキ、ワクワクさせてくれる試合じゃったぞい。

中学女子、大将のほのかじゃがめちゃ大将の役目果たしておったぞい。試合前にお前らいいなモチベーション下げたらぶっこ〇すからな!と一喝いれるすばらしいタイミング。絶対に勝ってやるの気迫がわしらにも伝わってくるんじゃ。

シズがいつもと様子が違うことを察してわしに昨日何があったのか?川井先生になんで怒られたんか心配してきたんじゃ。前日ちょいとしたことがありシズは出場できなくなる一歩手前までのピンチに立たされたんじゃな。塾長を朝迎えに行きシズが塾長の家の前で出てくるのをまっておる。いつもとは違う目がキリッとしておりめちゃ緊張感を感じた。ぜんぜん他人がそばを通っただけでビックッと驚いき、その様子を見ていたあっしもなんか緊張してきておった。先生が出てきて、シズはおはようございますと大きな声であいさつをした瞬間往復ビンタ炸裂。

道場に着き再び詫びをいれるシズ。またまた塾長のビンタ炸裂(4発位?)シズは今日の試合を出させてください。今まで川井先生から教わったことをすべて試合でだします。自分の渾身の力で試合をしますと言い放った。

塾長は条件をだした。もしだらだらした試合をしたら坊主にしろいいか?なんの躊躇もなくシズはハイッと返事を返した。

試合前に塾長は選手を集めアドバイスをしてるようだった。シズの目を見ながらまた数発ビンタ炸裂。

試合が始まりシズは合宿の時のように無我夢中に相手にかかって行った。あっしもビックリした、あんな動きいつからできるようになったんじゃと、試合が始まり約一分後位だろういままで見たこともない胴が入り旗が揚がった。わしはもう十分じゃこのまま終わってくれと願っておったんじゃがすぐに2本目の胴が入り勝ってしまった。なんかあっしも緊張感が抜けたのか何故だか涙がでてしもうた。

誰も見ていないと思ったんじゃが駿介ママに見られてしもうた。

二本目はなんとか引き分けに持ち込んだんじゃが、その試合を観ていた塾長はすかさずシズの所へいきまたまたビンタ炸裂。二階席からその様子を見ていた他の道場の父兄からはきゃーかわいそう、なんてことするのよあの強面のおっさんなんて言っておる。

塾長に強面だってみなさん。この言葉には否定できん気もするんじゃが?!(^^)!  <m(__)m>

ビンタをくらった本人もその言葉が聞こえたみたいで、小声でうっせーば〇ーと言っていたようじゃ。

シズも今回はビンタラッシュなもんで最後のビンタが効かなかったみたいで自分の手で自分の顔に数発ビンタして気合いを入れておった。

それからの4試合はなんと2本勝ちの快挙を成し遂げた。奇跡?

ビンタのおかげかお告げかはわかりませんが、ビンタさまさまです。

塾長は嘆いておりました。またまた俺だけが悪者みたいに見えるよなって?(笑)

シズに帰ってから聞きました。もし坊主にする事になってたらどうするって?シズはかまわないよまた生えてくるからだって。

優心辞めるよりはマシだって。

それを田代先生には言わんでね。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場