優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

裏番。合宿パート6。

合宿ネタ、まだまだ続きます。優心塾では指導者が何人もいますがあっしも正式な人数は把握しておりません。今回の合宿でも青心会という別組織?の先生方も御指導に来てくださいました。

こうたくさんの指導者がおられると、おらの教えが正しいとか、わしのが正しいとか、わけのわからん事を各自バラバラに門下生に指導しちゃうんですよ一般には(わしの経験談)

優心塾では指導方法はブレません。塾長の教えをすべての指導者が忠実に守っておるからズラ。だが塾長は阿修羅ではないので自ら稽古指導していると目が届かない場合もあるズラ。だがのう心配無用ズラ。

優心塾には裏番長がおるズラ。この先生もやばいサメさんなんズラ。お~サメにさん付けして書いてしまったズラょ、書き込みしてるだけで手が震えておる。もし次回書き込みがなかったときは、この世からあっしは消え去ったと思ってな。

優心の先生ちゅうのはたれを締め付けた瞬間なんやスィッチが入るようにわいは思うズラ。下記の写真でも感じるんズラ。

白胴衣を着ていられる方が裏番「みつえ先生」でございます。皆の衆礼<m(__)m>

優心塾の約半分?の指導者ズラ。

IMG_3195.jpg

指導方法がちょいとでもおかしいと、教育的指導が行われるズラ。しかし指導される側は硬直状態?仮死状態?目を合わせたら潰れると思っておるのか目を合わせられない。ヤバイネ、ヤバイネー!

IMG_3492.jpg

優心塾には裏番長が実はもう一人おるズラ。優心内部運営委員会におるのじゃ。このお方ゴースト的な存在で知らん人も多いのじゃが今回の合宿に全員を絞めに来てくださったのじゃ・・・ではなく手伝いにきてくださったんじゃ。この方自ら有段者なんじゃが一年に一二回しか顔をださんので、恐ろしいい伝説のみだけが優心塾では語り継がれておる。例えばおはようのあいさつ代わりに頭突きをし数人救急車で運ばれたとか、刺身は新鮮が一番じゃと言いながら海に飛び込みマグロの横腹をかじったとか野菜も新鮮がええと言いながら畑になっているキャベツにマヨネーズをかけて食ったとかじゃ。

合宿数日前から手伝いに来てくれるちゅう噂があり他のお母さんがビビっており会長大丈夫ですかねぇ?と声を震わせながら言ってきた。

しゃーないあっしが一言、言いに行くはめに・・・トホホホッ

あっしも笑顔でこんにちはとあいさつをしたらいきなり、なんじゃわれーと先制攻撃。

わしもびびったが、一回唾を飲み込み一呼吸整えて言った。あ~の~他のお母さんたちを絞めないでくださいね・・・と

そうしたらいきなり、トーホホホツと作り笑いをしながら私はそんな品のないことしませんは、今日は静かにお手伝いをしに来ましただって。

わしはこの時ひらめいたぞい。このお方とは仲良くせんといかん。手の裏を返したようにあっしは、絞めたいならやっちゃってくださいよ。自分を殺しちゃーストレスになりますよと。

お前はなんちゅうーヤローだと思うでしょうか。これもあっしが生きて行く為の手段なんじゃ。

よく考えてみろよ、このお方の3人の子供。みなも知ってるようにインターハイ出場にしーの特待で高校入学ーのじゃぞ。

この人のDNAをわしが独占販売権を取得するためじゃ。<m(__)m>

 

 IMG_3203.jpg

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場