優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

泣く子も黙る?合宿パート5。

泣く子も黙る優心塾なんって噂もあるかないかは知らんが、優心では泣く子は泣きます優心塾が正解でしょう。

しかし不思議なんですょ。優心塾では叩く側が泣いてしまうんです。ケンカでも叩かれる側が泣くちゅうのがあたりまえなのですがねぇ。

これは体験せな解らなん事なんです。声を出しながら竹刀を振るちゅうのはメチャ苦しいじゃこれが、苦しくなると泣けば終わりになると思うんでしょうね子供らは?

低学年の子達はすぐに逃射反応ちゅうやつがでちゃうんです。これはしょうがない事なんじゃが、泣いたら終わりにしては成長せんので、すこしでも長くできるようにしていくざんす。合宿ちゅうのは子供の成長をスピードアップできる環境でもあるんじゃ。

たくさんの人たちに見られながら稽古するので自分だけできないとも言えないのじゃろ。だから泣きながらでも最後までやり遂げるんじゃな。

泣いてた子も最後に塾長に頑張ったぞと声を掛けられると泣き止み笑顔がすぐに戻ってくるんじゃ・・・・あっ泣く子も黙った?

高学年になると要領のええ奴と悪い奴が出てくるんじゃが見ていてこれがまた面白い。

俺はがんばってるぞーみたいな練習をしていればすぐに気づかれちゃうんです塾長に。道場がなぜかジョーズのテーマがみんなの心の中で鳴り響くんです。怖~

サメは獲物を捕えるときは眼を奥に入れ隠すんじゃが塾長の場合眼が三角になり不気味なオーラまで出てくるんじゃ。

塾長ににらまれたら最後じゃ餌食になったやつを見ている人たちは御愁傷様とみなつぶやいおると思う。(--〆)

塾長から入魂ケツ竹刀が一発、二発と炸裂する。くらった奴らはどんどんスピードが上がってくるんじゃ。これまた不思議。

個人個人の潜在能力を知っておるのか、潜在能力をマックスになるまで許されんのじゃ。

オリンピックを観戦しておっても、一発勝負はスィッチオンでマックスにできたものだけがメダルを獲得できるんだと思ったぞい。

よく一生懸命がんばったとか言うが普段の稽古でどれだけ一生懸命できた日があるだろうか。今回の合宿で本当の一生懸命ちゅうもんがみんな感じとれたのではないかのう。

お前はいつ稽古したんか?と聞きたいでしょう。

あっしの体型はとても美味しそうにみえるんじゃい。たくさんいるサメの餌場に飛び込んでは行けません。(-"-)

IMG_3513.jpg

IMG_3516.jpg

IMG_3537.jpg

IMG_3556.jpg
塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場