優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

強運。合宿パート25。

今回で合宿の話題で25回目ざんす。25で頭に浮かぶちゅうのはパネルアタック25ぐらいでしょうか。そんな事はどうでもいいのじゃが。

本日はいよいよ藤嵜勇治先生の登場です。これを読みながら、おいおい今頃かよ俺待ってたんだよ~おせ~よと文句を言っていることでしょう。

優心塾には別組織があるんじゃが青心会ちゅう別組織が存在するんじゃがその組織の一員でもあるんじゃ。

青心会なんちゅう怪しそうな組織なんじゃが集合写真を見たら驚くぞい。わしは濃いめのブラックコヒーを一気飲まさせられたみたいで、なんせ厳つい顔のおっさんがズラッと並んでおるんじゃ。まるでやー〇んかと思ったぞい。

それはマズイちゅうので去年からあっしも青心会の構成員になちゃったんだが訳があるんじゃわしはとても優しそうな顔をしておるんだな。

まークリームみたいなもんじゃ。ブラックコーヒーにミルクを入れてまろやかにしたんじゃな。(笑)

 

では始まります本題に。

勇治先生は子供の頃、北原先生の下で修行をしてきたそうなんじゃが、進学や就職とかの理由で剣道をしばらく休んんでおったんじゃな。

まあ過去の話なんでめちゃ厳しくて逃亡したんかもしれんがのう。<m(__)m>

それから数年経ち、あるとき風邪を引いてしまい病院に行ったそうなんじゃ。病院も混んでおって前の方に座っておったそうなんじゃが、やたら背筋がゾクゾクし風邪が悪化したかと苦しんでおったんじゃ、しばらくし後ろから聞き覚えのある声が聞こえてきたんじゃが、思い出したくない声じゃったのかもしれんのう。(-"-)

怖いもの見たさにそーと後ろを振り向くと、ガビーーーーンそこには北原先生がおり何故かその隣に塾長がおり目が合った瞬間、藤嵜!と声を掛けられたそうじゃ。勇治先生は、一瞬時間が止まり現実逃避に脳が働いたんに違いない。

そのきっかけで再び優心塾で剣道を習うことになったんじゃな。人生ちゅうのはどこで道が変わるか分からんのう。しかし勇治先生も風邪を引いていなけらば、再び剣道に再会しておらんかったに違いない。なんちゅう悪運がええのかのう。

わしも優心に出会えて良かったぞい(お手手スリスリ、ゴマスリスリ)^o^()。

 

わしも今後どんな出会いがまちょるかわからんが、たぶんいずれはアラブの大富豪とマブダチになちゃうと思うぞい。そーしたら次の道場の屋根はこんな風にしちゃいましょうか。

 

img807_20090324113811.jpg

 

                   でで~~~ん。どうじゃ。

勇治先生パート2に続く。

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場