優心塾川井道場 公式ブログ│埼玉県剣道場・武道を通じてたくましく優しい子を育てる優心塾川井道場

主。

一昨日塾長のローファーを預かる事になった。仕事を終え帰宅したのが23時頃だった。玄関を開けるとローファーがあっしを迎えに来てくれた。家族はもう寝ておる。ローファーわしを迎えてくれるのはお前だけだなと頭をなでた。いつものテンションでいきなりワンワンキックをかましてはこなかった。なんだわしの家に来たらもうおりこうさんになったのかと思いながらスタスタと部屋に向かうローファーの後についていったが、部屋に入るとジャーンとわしの布団のど真中に寝ておる。さすが暴れん坊大将軍の愛犬じゃ良く教育できておる。(--〆)

わしは疲れておるので風呂に入りパジャマに着替え再び部屋に入ったが、さっきと全く変わらん光景じゃ。

ローファーちゃんどいて~ちょ。なんでわしの布団なのに猫なで声でローファーに退いてもらわんといかんのじゃ。○カ犬!

横に移動させる為に押したが重くて動かん。しゃーないので足を引っ張って移動させた。わしはようやく布団に入り寝ようとしたらいきなりローファーが飛び起きてあっしの体の上におおいかぶさり、腰をふりだした。この行為はわしの事を自分より下に見ている行為なんじゃ。

ニャロー!ローファーと叱ってやったがなにも反省しておらん顔をしておる。またわしの横でおとなしく寝たので、ようやく寝る事ができたと思いきや、1時間は寝たじゃろか?体は寝ておるが意識だけが目覚めてしまった。・・・・なんか寝心地が悪い。うー狭いぞ?手さぐりで周りになにがあるか調べた。これはタンスじゃな?・・・・って事はわしはかなり端にいるんじゃと思い逆側を手で触ると毛の感触そして重い。

ムカーッときて電気を点けるとデンデデーンと真ん中にローファーが寝ておりわしは布団から落ちておる。

もうあっしも移動させる元気もないのでそのまま端で寝た。

でもわしの家の4匹のわんちゃんとは相性がいいのかいつも全員落ち着いていてリラックスしていた。

s-P6270024.jpg

塾生募集 入塾・体験コースに関するお問い合わせはこちら

このページの先頭へ

最新のお知らせ

剣道人は、木守の精神を合わせ持つ優しい人間であって欲しいと願っています。

»詳しく読む

友好道場